月刊レポート

エターナルコインの現在、そして今後のエターナルコインの情報を分かりやすく解説する為
価格の推移状況や今後の目標、更にはアトムソリューションズからのメッセージなどを記載しております。

10月度レポート2017年11月10日

前月のレポートでもご報告した通り、2017年9月26日に、エターナルライブも、仮想通貨交換業者の登録申請書を金融庁へ提出し、同日付で受理されました。
現時点では、みなし登録業者として業務を継続しており、金融庁の許可が出るのを待っている状況です。他同業者も登録申請を行っている状況ですが、こうした中、仮想通貨の代名詞でもあるビットコインが上昇を続けております。
多くのマスコミでも仮想通貨を取り扱う記事が増え、急速に一般の方にも普及してきております。
エターナルコインに関しましても2016年8月に付けた最高値に迫る勢いで上昇を続けており、11月中頃には最高値更新になるのではと期待しております。
一方で仮想通貨にまつわる、詐欺事件も多く発生しているようで、先日、リップルを扱っていた取引所の代表が逮捕されたという報道もありました。
今後も、仮想通貨に乗じたこのような事件が発生する可能性は高く、ユーザー様には十分ご注意ください。
エターナルコインは冒頭の通り、金融庁への申請段階ではありますが、コンプライアンスを順守した運営を徹底してまいります。

■ウォレット開設数について

10月度においては、約7,000名(日本以外の国も含む)の方がエターナルウォレットを新規開設され、過去の月間新規開設数を更新致しました。 結果、エターナルコインの利用者は32,000名を超えエターナルグループにおける今年度の目標である30,000口座を2か月以上早く達成する結果となりました。
また、利用者の増加に伴いエターナルコインの価格もひと月で約41%上昇し107円となっております。(11月10日時点)

過去1年間におけるウォレット開設数の推移(2016年10月~2017年10月)

■エターナルコイン各取引所の動向

【日本取引所】

«金融庁へ登録申請≫
エターナルライブでは、仮想通貨交換業の登録を最優先事項と考え、社内体制の構築を含めたコンプライアンス体制、教育体制等の強化を行いました。
現時点ではまだ登録が完了していませんが、引き続き登録に向けた活動を行い、お客様に安心していただける取引所を構築してまいります。

【フィリピン取引所】

«グッズの販売について≫
エターナルコイン及び取引所のブランディングの一環として10月19日よりTokenhub FBにてトークンハブ限定のグッズ販売をスタートいたしました。
グッズ購入のお支払いはXECのみの受付となっております。また、ユーザーが購入したグッズをSNSで投稿する事によるエターナルコイン及びトークンハブの知名度の向上も期待できる企画となっております。

≪支店オフィスのオープンについて≫
ダバオ市にあります、トークンハブダバオ支店「Token Hub Asia - Davao City Philippines」のオフィスがオープンいたしました。
路面店舗の為、今後両替所としての活躍も見込まれます。

10月7日(土)に「Token Hub Asia - Davao City Philippines」がフィリピン国内初回仮想通貨EXPOに出展しゲストとして登壇いたしました。
仮想通貨EXPOについての記事はこちら(英語)

(左側2番目 Tokenhubダバオ支店担当)

(出展ブース写真)

【香港取引所】

香港取引所ではフィリピンユーザーの海外送金サービスを開始して3ヶ月が経ちました。
毎月安定的に利用して頂いている約20名のお得意様のほか、毎月約80名の新規ユーザー様に海外送金をご利用頂いております。 エターナルコイン送金というサービス名とエターナルコインのブランドの認知度が香港にてより一層高まっております。 11月以降は香港現地のフィリピン人ネットワークをフィリピン取引所と接続させてフィリピン取引所の活動などに繋げていく戦略で進めていく予定です。

■アトムソリューションズより

≪ブロックチェーン化の中間報告≫
弊社独自のブロックチェーンの開発に時間が要していますが、ブロックチェーン化とランキングサイトへの掲載及び、世界各国の取引所での取引開始のスケジュールを次回の月刊レポートにて発表いたします。
エターナルコインの現在の一番の問題点はブロックチェーンではない事だと考えております。
この問題を解決すれば、ランキングサイトへの掲載や世界中の取引所での取り扱いも可能であると考えております。
そしてエターナルコインは数々の特許という知的財産を保有する仮想通貨であり、数少ない使える仮想通貨の一つだと自負しております。
フィリピンで公共料金が支払えるという事も大きな武器でありニュースですが、世界中の人々はまだエターナルコインの存在を知らないのが現状です。
ブロックチェーン化を行う事によって、エターナルコインの存在を世界中の方々が知る事となればエターナルコインの価値は現在よりも上がる事になると考えております。

≪特許について≫
今年7月にアトムソリューションズのホームページにて発表した新機能「両替マッチングシステム」の特許の申請を行いました。
特許に関する詳しい資料は後日アトムソリューションズのホームページに記載いたします。

【書類名】特許願
【整理番号】17P129
【国際特許分類】G06Q 20/10
【発明者】 住所又は居所:東京都江東区永代2-31-16  氏名:株式会社アトムソリューションズ
【特許出願人】住所又は居所:東京都江東区永代2-31-16  氏名又は名称:株式会社アトムソリューションズ

■エターナルライブより

エターナルコインは、日本はもとよりアジアを中心とした新興国での拡大を視野に入れております。
本レポートでも紹介した通りフィリピンでの展開や展示会への積極的な出店を通して、多くの方に周知して頂けるよう努めております。
ワールドワイドで見れば仮想通貨は急速に浸透しつつありますが、まだまだ正しく伝わっていないことも事実です。展示会やセミナーなどで、 直接ユーザー様と相対でお話しすることで、仮想通貨に関する疑問、不安を払しょくできると考えております。
また、エターナルライブでは、今以上の業務拡大に向け、更なる人員の増員、社内体制の強化を図っております。仮想通貨エターナルコインに携わる業務に興味がある方は、是非弊社HPの求人欄からご応募ください。
今後とも仮想通貨の正しい普及のために邁進してまいりますので、引き続きご期待ください。

Go Top