月刊レポート

エターナルコインの現在、そして今後のエターナルコインの情報を分かりやすく解説する為
価格の推移状況や今後の目標、更にはアトムソリューションズからのメッセージなどを記載しております。

12月度レポート2018年1月10日

新年あけましておめでとうございます。昨年は格別のお引立てを賜り厚く御礼申し上げます。
2018年を迎えエターナルコインも4年目を迎える事が出来ました。
2017年12月には、ビットコインが1BTC=200万円を超え、ビットコインをはじめ、様々な仮想通貨も最高値を更新しました。 エターナルコインにおいても昨年12月に最高値を更新し今年度に入っても価格が上昇し続けております。

エターナルコインの取引が開始された3年前から考えると仮想通貨という言葉の認知度は向上し、普及スピードも格段に速くなっております。 今では仮想通貨という言葉を聞いたことがない方の方が少なくなってきたように感じます。

今年度もエターナルコインは使える仮想通貨として、新たなコンテンツ制作や正しい仮想通貨理解のための活動を行い、価格や利便性において今まで以上に飛躍した一年になるよう尽力いたします。

■ウォレット開設数について

12月度のウォレット開設数は、全世界で1,864口座。 日本では529口座の開設となり、2017年12月末時点のウォレット開設数は37,108となりました。

過去1年間におけるウォレット開設数の推移(2016年12月~2017年12月)

■エターナルコイン各取引所の動向

【日本取引所】

≪セミナー≫
2017年12月5日にエターナルライブ本社でセミナーを開催致しました。
現在、毎月1回を目安にセミナーを行っておりましたが、仮想通貨ブームという事もあり、毎回満席となるご応募を頂いております。その中で、来場されるお客様の知りたい内容は1人1人異なる事から、 今年度は、現在エターナルライブ社内で行っております、ウォレットレッスンと同様に知りたい内容を払拭し、少人数でも対応出来るよう、開催頻度を増やし運営してまいります。
内容としては、エターナルコインのご説明は当然ながら、他の仮想通貨に関する情報や、税金関係の事など、お客様からご質問が多い内容を含めた情報の中から選んで頂く内容のセミナーを予定しております。 また、東京以外にお住まいの方にも情報を公開出来るよう、他の地域での開催も予定しておりますので、是非ご参加して頂ければ幸いです。
※セミナーの開催地や日程については、HPにて随時更新していきますのでご参照ください。

≪ホームページ修正≫
エターナルコインの特許申請の1つである、DoT機能(手数料分配機能)についてホームページでの表示を修正し、ユーザー様に概要を理解して頂けるよう、テキストと画像を入れ、 一目で分かりやすくイメージしやすい構成に修正しました。
また、ホームページ全体の色構成も見直し、色を統一し、ユーザーに清潔感・安定感を伝えられるようにしました。

≪求人について≫
弊社では現在、求人媒体にて求人を行っておりますが、弊社が行いたい業務や活動を行うためのスタッフがまだまだ足りません。エターナルコインを一緒に普及させていきたい方は是非ご連絡下さい。

以下の人材を募集しております。

●バックオフィススタッフ
業務内容:
主に、エターナルウォレットの開設をスムーズに行えるようにサポートをして頂くお仕事です。

●マーケティングスタッフ
業務内容:
エターナルコインの認知向上、ブランディング活動など、マーケティング全般。
今後、TVCMやエターナルコインのタイアップイベント等を行い、親しみやすく、使える仮想通貨を目指すためのお仕事です。

●法人担当
業務内容:
フィンテックをはじめ、エターナルコインの利用シーンの新たな使い方を創造するお仕事です。
法人間での決済や新しく仮想通貨ビジネスを始めたい法人様への提案のお仕事です。

●コンプライアンス部門
業務内容:
仮想通貨交換業者(現在はみなし業者)として、コンプライアンス体制の強化、法整備に伴う迅速な対応を行うお仕事です。

【海外の動向について】

※今月度のレポートより、各国の取引所の個別レポートではなく、総合レポートとして発表させて頂きます。

フィリピンのダバオ市にて、2017年12月20日~23日の4日間、ダバオ支店の開業イベントが開催され、イベントには述べ1,000名を超える方が来場されました。
会場には、飲食店ブースや物販ブースなどがあり、エターナルスクエアご登録の店舗様に出店して頂きました。ブースでのお支払いは、エターナルコインでの受付という事もあり、 既にエターナルウォレットを開設しているユーザー様にご来場いただけたのはもちろん、ご来場者様より新たなユーザーの獲得にも成功したイベントとなりました。
会場では出店ブースでの買い物だけでなく、抽選会やダンス、バンド等の演出が行われ、非常に盛り上がったイベントとなったようです。


イベント風景

上記イベントの開催により、ダバオ市ではエターナルコインの知名度は飛躍的に高まりました。
そこで、2018年は認知度の向上だけでなく、投資家向けのセミナーの開催やエターナルスクエア(利用可能店)の拡大に力を入れていくとの事です。

香港からフィリピンへの海外送金者の人数が98名となりました。
香港ではリピーターと口コミにて、徐々にエターナルウォレットを利用した海外送金が増えてきています。現時点ではまだ月間100名以下ですが、利用者がエターナルウォレットを利用した 海外送金のメリット(受取額の多さと送金スピード)を享受いただきつつありますので、今後の利用者数の増加が期待できる結果となっております。

ベトナムでの仮想通貨の取引が全面禁止となりましたが、ベトナムからエターナルコインを買いたいというユーザーが少しずつ増えてきているとの報告が香港よりありました。
人数的にはまだ数十名という事ですが、このように取引所が無い国からの需要が出てきたことは大変喜ばしい事です。

■アトムソリューションズより

先月度のレポートでご報告した通り、1月中のブロックチェーンの開発は順調に進んでおります。
そして、エターナルコイン及びエターナルウォレットの特徴でもある、特許についての動画も7本同時に制作を依頼しておりますので、3月の完成を楽しみにしていて下さい。

今月からはホワイトペーパーのリニューアルと、ウォレットのUIデザイン、エターナルコインのロゴの変更、ホームページのリニューアルを同時に行います。

2017年は各国の取引の企業努力もあり順調にユーザー数が増加し、それに伴い価格も上昇しているエターナルコインですが、私どもは数多くある仮想通貨の中でエターナルコインが生き残りそして飛躍するためには、 使える仮想通貨である事が大切だと考えております。
現時点では、使える仮想通貨は世界中にほとんどありません。私たちはこのような現状はチャンスだと考えております。
2018年度の私たちはエターナルコインが使える仮想通貨となるために世界中の様々な企業との連携や提携を行って、使える仮想通貨を目指していきたいと考えており、 使える仮想通貨として他の仮想通貨との差別化を積極的に進めてまいります。

■エターナルライブより

石の上にも3年ということわざがありますが、エターナルライブもエターナルコインの取引を開始して3年となりました。
当初は仮想通貨という言葉自体を知らない人が殆んどでした。
わずか3年で仮想通貨は社会的地位を確固たるものとし、世界各国にて法規制も進み、そして日々利用者が増え続けています。

一方で、昨今の仮想通貨の投機性と価格上昇は常に価格下落リスクを含んでいる事は想像がつきます。
そして当然の事ながら価値の裏付けは?という疑問が様々な所から聞こえてきます。

価値の裏付けは、仮想通貨によって様々でしょうが、エターナルコインの価値の裏付の一つはDoT機能(手数料分配機能)である事は間違いありません。
※DoT機能の詳細はこちらをご覧ください。

本当に価値があるエターナルコインになるためには、このDoT機能を活性化させる必要があります。その為には、今まで以上に利用者数と売買の増加が必要となります。
利用者と売買が増えるということは、取引量が増加し、それに伴い発生する手数料も増加する為、ユーザー様への分配される手数料が増加するという仕組みとなります。
これこそが、エターナルコインの価値の裏付けとなり同時に差別化になると確信しております。

2018年も、昨年以上の利用者数の増加、売買の活性化を目標に運営して参ります。

Go Top