イーサリアム(ETH)とは?歴史や仕組み・特徴から将来性まで徹底解説

仮想通貨で儲かったら税金がかかる?税金がかかる?計算方法をご紹介

アルトコインの購入を考えて、色々調べてみると

最も多く名前が出てくるのが「イーサリアム」です。

イーサリアムってアルトコインがあるのか~!

と思った人、ちょっと待ってください!

実は、イーサリアム自体は仮想通貨ではありません!

今回は、イーサリアムが一体なんなのか、そしてその歴史や仕組み、特徴

さらには将来性までを徹底的に解説していきます!

この記事を読んで分かること
  • イーサリアムの仕組みがわかる!
  • イーサリアムの現在の様子がわかる!
  • ビットコインとイーサリアムのちがいがわかる!

イーサリアム(ETH)について解説

イーサリアム(ETH)について解説

イーサリアムで使われる通貨は「イーサ」といいます。

それでは、イーサリアムは一体なんなのでしょうか?

4つの項目とともに解説していきます!

イーサリアム自体は仮想通貨ではない!?

イーサリアムは、ヴィリタック・ブテリン氏が開発したプラットフォームです。

プラットフォームとは、あらゆるサービスやソフト、システムなどを提供するために必要な土台のことをいいます。

イーサリアムは、分散型アプリケーション(DApps)やスマートコントラクトを構築するために作られています。

つまり、イーサリアム上で様々なサービスやソフトなどを提供することができるのです。

仮想通貨は「イーサ」といって、イーサリアム上で使える仮想通貨のことを指します。

分散型アプリケーションDApps(ダップス)について

分散型プリケーション(DApps)は、ブロックチェーンの中で知マートコントラクトを利用することによって実行できるアプリケーションのことをいいます。

DAppsの3つの特徴
  • 中央管理者のいないネットワーク上で提供され、ユーザーの合意によってすべての決定がされること。
  • ブロックチェーンによって、情報が分散保存されること。
  • ネットワークの管理や維持に貢献したユーザーに、トークンをもって報酬とすること。

具体的には、この3つのポイントを満たすアプリケーションをDAppsといいます。

最近は、この仕組みを利用したDAppsゲームというものが増えてきています。

DAppsを使って利用できるゲームには、これまでにない特徴があります。

  • ゲーム内のキャラクターやアイテムをトークン(独自の仮想通貨)で売買できる。
  • データの改ざんを防げる

ゲーム内で稼いだ通貨は、実際に現実で使えるお金として換金することができます。

つまりゲームで生活することが可能なのです!

さらに、同じプラットフォーム内なら同じトークンを利用できるため、

ゲームの壁を超えて通貨を利用することができるのです。

DAppsはこうした夢のような世界を実現することができるアプリケーションです。

CFTCの下で、先物市場に上場している

米商品先物取引委員会「CFTC」は、先物取引やオプション取引の規制や認可を行う政府機関です。

米国内での先物取引で取り扱う商品の金利管理やユーザーの保護を目的としており、

市場での不正や詐欺などの不正行為を監視、さらには追求する権限を持ちます。

そんなCFTCから認可を受けているCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)で、

2021年2月8日からイーサリアムの先物取引が開始されました。

大きな価格変動が起きますが、それが上昇するのか下降するのかは今後の状況次第。

ビットコインは先物市場に上場した後、数週間で大暴落しています。

先物市場に上場したからといって、様々な要因によって価格は変動していきます。

しかし先物市場上場により、間違いなくイーサリアムの認知度は上がりユーザーが増えています。

DeFi(分散型金融)で幅広く活用されている

DeFi(ディーファイ)は、分散型金融と訳されます。

日常生活の中で送金をする時、銀行に行って手続きをしますよね。

これは、銀行が管理者となっている状態です。

このシステムを利用するためには、送金する人もされる人も銀行口座を持っている必要があります。

これに対してDeFiは、管理者がいない状態で送金ができる仕組みです。

ブロックチェーンに様々な記録を保存し、スマートコントラクトによって動くアプリケーションを使って、

送金を行うことができます。

DeFiを提供するアプリケーションはたくさんありますが、

実はそのほとんどがイーサリアムのブロックチェーン上で構築されています。

イーサリアムは処理速度が速く、契約を自動化するスマートコントラクトが優秀であるということで、

金融取引にとって都合が良いのです。

イーサリアムのブロックチェーンを使ったアプリケーションが増えていくということは、

それだけイーサの流入数が上がっていくことになります。

 

イーサリアムの現在価格をチャートで確認

イーサリアムの現在価格をチャートで確認

イーサリアムの月足チャート

イーサリアムの日足チャート

画像引用:BitFlyer「イーサリアムの日本円チャート」

イーサリアムのチャート現在価格(2021年5月30日)

1ヶ月単位でチャートを見ると、現在価格は下がっています。

1時間単位で見ると少しずつ価格が上昇。

ショート・ロング、どちらを狙うかで売買の動きが変わってきます。

イーサリアムのメリット・デメリットをご紹介

イーサリアムのメリット・デメリットをご紹介

アルトコインの中で一番有名と言っても過言ではないイーサリアム。

多くの特徴とともに、ビットコインを超える部分があるため、多くのユーザーに愛されています。

しかし、イーサリアムにもデメリットがあります。

メリットと合わせて、デメリットも確認してきましょう。

メリット1.送金速度がビットコインよりも速い

ブロックチェーンを利用した決済システムの大きな問題は、取引スピードが遅くなってしまうところにあります。

その問題点が露呈したのが、最初の仮想通貨であるビットコインです。

これを受けて開発されたイーサリアムは、ビットコインよりも取引スピードが速いという大きな特徴を持ちます。

ブロックチェーン上で取引スピードを高速化するには高度な技術が必要です。

それを実現し、さらに度重なるアップデートによって、イーサリアムの取引速度はどんどん更新されていきます。

メリット2.発行上限がなく、価格が安定しやすい

ビットコインはコインの発行上限があるのに対して、イーサリアムにはありません。

ですから、マイニングの報酬として新しいコインをどんどん発行することが可能です。

このため、コインの保有数を争う必要がなくなり、価格が安定しやすくなります。

マイニングとは、ブロックチェーンにコインの保有数や取引の情報を記録するために、膨大な計算を行う作業です。

これを行うためには高性能なコンピュータを24時間稼働させる必要があります。

このため、膨大な電力を消費することが問題となっています。

イーサリアムはこうした問題に対応するために、現在のPOWという承認方法から脱却して、POSというシステムを次回のアップデートで導入することを予定しています。

メリット3.取引内容を改ざん出来ないシステム

イーサリアムは、契約を自動的に履行するスマートコントラクトというプログラムを動かすことのできるプラットフォームです。

イーサリアムに関わるブロックチェーンの記録は複雑な計算によって行われているため、改ざんできません。

さらに、スマートコントラクトの内容も改ざんすることができず、一度契約を実行してしまうと取り消すことや変更することは不可能です。

これが、金融商品の取引に都合が良い大きな理由です。

イーサリアム上でDeFiがたくさん提供されているのは、強固なセキュリティ上安全に、そして第三者を介すことなく自動で契約を成立させることができるからです。

メリット4.NFTには必要不可欠な存在

そもそも仮想通貨は、実体のないデジタルデータにすぎません。

どうしてこれが価値を持つことができるのかというと、ブロックチェーンの強固なセキュリティのおかげです。

皆さんもご存じの通り、デジタルデータというのは簡単にコピーも再配布もできていましますよね。

しかしビットコインをはじめとする仮想通貨はそれを防ぐことができます。

最近注目されているNFT(ノンファンジブルトークン)は、強固なセキュリティを持つブロックチェーンの技術を使っています。

ブロックチェーン上で発行されたトークンであるNFTの特徴は「そのものの価値のみ」を表現することができるというもの。

例えばピカソの絵は、模造品もたくさんありますがホンモノには唯一無二の価値がありますよね。

そうしたアートの世界で本領を発揮するのがNFTです。

絵画や音楽などのデジタルデータが本物であるかどうかを証明することのできるツールとして使えるのです。

実はこのNFTの取引のほとんどがイーサリアムのブロックチェーン上で行われています。

このため、現状ではNFTを土台としてNFTは激しい競合を繰り広げているのです。

デメリット1.GAS代が高騰するときがある

イーサリアムのブロックチェーンの記録のために複雑な計算を行いますが、

それを処理する時に必要な計算量の単位でGweiと表します。

難しいですが、例えば1ブロック1Gweiと2Gweiのものがあるとします。

この時、2Gweiの方が複雑な計算を要しますが、その分計算が終わった時にマイナーが受け取れる報酬が多くなります。

処理速度を上げるためにはどんどん計算をしてもらわなきゃいけませんから、優先して処理して欲しいものはユーザーがGASを引き上げます。

イーサリアムで取引を行う時、その種類によってGASの価格も変わります。

つまりイーサリアムのブロックチェーンがどんどん利用されることによって、GASが高騰していくという状況なのです。

しかしこの高騰によって、計算処理の効率化を行い。最終的にはブロックチェーン上の混雑を解消し、GAS代も落ち着いていく状況を狙うことができるのです。

つまりGAS代の高騰は、それだけ多くのユーザーがイーサリアムのブロックチェーンを利用しているということの証でもあります。

デメリット2.イーサリアムのプログラムは変更しにくい

スマートコントラクトは非常に便利なシステムであることは先程説明しました。

この中で、契約内容を簡単に変更できないことは、見方を変えればデメリットになります。

ユーザーのミスによる取引だけでなく、例えば自動化されている契約に不備やバグが潜んでいても、それを修正することさえ難しいのです。

ですから、イーサリアム上でなんらかのサービスを提供する時は、かなり慎重に行う必要があります。

イーサリアムの将来性は?ビットコインとどっちがいい?

イーサリアムの将来性は?ビットコインとどっちがいい?

イーサリアムの特徴はわかったけど、

時価総額1位のビットコイン、2位のイーサリアム、

購入するならどっちがいいの?

と悩まれている人も多いのではないでしょうか?

イーサリアムとビットコインの違いを改めて確認してから、どちらを買うか決めていきましょう。

マイクロソフトを始め多くの世界的企業が参入している

ビットコインやイーサリアムは、多くの世界的企業が参入することで度々話題となります。

例えば最近だと、マイクロソフトがビットコイン基盤の分散型IDネットワークとなる「ION」をリリースしたことがニュースとなりました。

IONはビットコインのブロックチェーンを活用して個人情報をID化し、それをブロックチェーン上で保管し管理できるようにしたのです。

ブロックチェーン上の情報は改ざんできないのでは?と思いますが、IONはIDの所有者がデータを修正したり破棄したりできるようになっています。

こうしたシステムは、個人情報のデジタル化で課題となっていた部分を解消していく、可能性を秘めています。

一方イーサリアムはEEAという企業連合があり、マイクロソフトをはじめとしてIntelなどの世界的企業が参加しています。

イーサリアムはオープンソースプラットフォームのため、あまり企業向けではありません。

EEAに参加している企業は、企業向けイーサリアムの構築を開発するためのサポートをすると意思表示していると言えます。

こうして見ると、イーサリアムは多くの企業が期待を寄せていることがわかります。

上場投資信託に上場する可能性がある

2021年に入ってすでに、カナダではイーサリアムETF(上場投資信託)が承認されています。

4月20日、トロント証券取引所に上場済みです。

もちろんビットコインはイーサリアムよりも先にカナダでETFに上場しており、イーサリアムはビットコインと同じ土俵に上がったといえます。

一方、大きな戦場となる米国のETFはというと、最近になって投資ファンドのVanEckがイーサリアムのETF申請を提出しました。

ビットコインも先に提出していますが、まだ審査中です。

米国内ではまだ仮想通貨がETFに承認された事例はありません。

ビットコインとイーサリアムは米国内でETF承認を受けられるのか、これからに期待です。

ETFに上場すると、証券会社を通して気軽に仮想通貨を買えるようになります。

世界中の誰もがより仮想通貨を買いやすくなるというメリットを持っているので、注目されています。

複数回に渡るアップデートによる進化

ビットコインもイーサリアムもこれまで何回かに分けてアップデートを行ってきました。

その度にそれぞれの欠点を解消しつつ、新たなパフォーマンスに向けて前進を続けてきています。

ビットコインは「Taproot」という次段階のアップデートが期待されています。

この第一歩となる「ビットコインコア」の最新バージョンが5月1日にリリースされ、期待が高まっています。

「Taproot」が実装されると、ブロックチェーン上の情報をより高度に匿名化し、セキュリティを向上。さらに長年の課題である処理速度の向上が期待できます。

イーサリアムは2021年中期にアップグレードを予定しています。

3月には開発のためのロードマップの最新版が示され、フェーズ0にあたるビーコンチェーンのローチンが行われました。

どちらも今後の動きが期待されます。

イーサリアムとビットコインの違い

イーサリアムとビットコインの大きな違いは、その用途にあります。

イーサリアム…アプリやソフトを開発するためのプラットフォーム

ビットコイン…仮想通貨の決済や保存、管理ツール

ビットコインは決済に、イーサリアムは開発に特化しているのです。

ビットコインは2009年に、イーサリアムは2014年に運用が開始されています。

ビットコインが世に出て数年間で見えた欠点をうまく補いながら、新たな形を模索して生まれたのがイーサリアム。

その分イーサリアムの方が、ブロック生成時間が短くなっています。

つまり、ビットコインは仮想通貨の中でのオールドタイプ、イーサリアムはニュータイプといえるでしょう。

まとめ

イーサリアムまとめ

イーサリアムは、アプリやソフトを開発するためのプラットフォームです。

ブロックチェーンはビットコインでも使われているPOWを利用していますが、

用途はビットコインとは大幅にちがいます。

イーサリアムのブロックチェーン上では、

NFTを含む様々なサービスが展開されるようになり過密状態になりつつあります。

このため、GAS代が高騰することもありますが、迅速に処理ができるようになればGAS代も落ち着いていくでしょう。

こうした特徴を持つイーサリアムは2021年中に大型アップデートがされるのでは?と期待も高まっています。

今後の動向から目が離せませんね!